検索

野菜くずの漬物と草仕込みの対比(スティックセニョール)


気がつけば9月も終わり…

今朝、面白い事を発見しました♪

スティックセニョール(茎ブロッコリー)を栽培している畝2本


向かって左側が草で仕込んだもの

右側が野菜くずを米糠ボカシで1ヶ月以上漬け込んだ漬物を土混ぜて仕込んだものです。


左側の方が1日早く定植したのですが、

右側の方が生長が早いです。



しかし右側は漬物がシッカリと浄化されていなかったのか?

所々で青虫の食害があります。


一方、左側の草で仕込んだものは、

ほぼ、食害は無いものの、定植初期でのネキリムシによる害があり、株自体がやられて補植することが多かったです。


草の場合は、日差しが少ない中での仕込みだったので、もう少しだけ期間を長くすれば悪さもされなかったのか?


漬物の方は、それ自体が腐ってなかったか?

それとも土に混ぜてからの置いておく期間が短かったのか?


それぞれのやり方の特性というかメリットデメリット、起こっている現象というか、生きものの住処を想像する事が出来て楽しいですね♪

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示